SPECIAL

  • 一覧へ戻る

後藤 邑子

Q,心機一転、新事務所アクセルワンにかける、気持ちをお伝えください。
A,新しい事務所アクセルワンに移籍する。この業界に入って、初めて自分でした大きな決断かもしれません。
ここには確かな、あったかさと信頼があります。
この人達と一緒に仕事がしたいと思った自分の直感を信じて、新しい環境でみんなと共に歩んでいきたいと思います。わくわくします。
Q,5年後、10年後の自分はどうなっているでしょう、また、どうなっていたいですか?
A,五年後十年後には私はここにいないでしょう。
常にそう思ってやってきました。
先を見据える勇気が無いのかもしれません。
でもこれは私のシンプルな覚悟でもあります。
今やりたいことを、純粋に、出来る限りやる。それはこんなにも楽しい。一緒に楽しんでくれるみんなもいる。十分です。
先のことを考えて、少しでも姿勢がブレる可能性があれば、その考えを積極的に排除したい。そうゆう性分なんです。
五年後十年後の具体的なビジョンはないですが、野望なら少しあります。
また声が聞きたいと思ってもらえる役者であること。
願わくは、何十年の後にも、あの人の声がまた聞きたいと、誰かの心に残る。そんな存在でありたいと思います。
Q,このインタビュー記事をご覧になっている方々、そしてファンの皆さんに、
ご挨拶をお願いします。
A,こんにちは、後藤邑子です。
事務所を移籍をするにあたって、みなさんに沢山心配をかけました。
沢山の優しいメッセージをもらいました。
こうゆう時、自分がいかに恵まれているかを知るのですね。
本当に嬉しかった。
この気持ちを忘れず、これからも私らしく進みます。
変わらず応援してくれたら嬉しいです。
copyright(C)AXLONE