SPECIAL

  • 一覧へ戻る

東條 加那子

Q,心機一転、新事務所アクセルワンに
かける、気持ちをお伝えください。
まず私を、アットホームなアクセルワンの一員にさせて頂き感謝を伝えたいです。
事務所の皆が同じ方向を向いて、一つの喜びを共有できるような事務所にしていきたいです。自分のペースを大切にしつつ、与えられた物に全力で取り組んで行こうと思います。
Q,5年後、10年後の自分はどうなって
いるでしょう、また、どうなっていたいですか?
私は今年で、新人としてデビューしてから約5年目になります。この5年は長かったようで、あっという間の充実した期間でした。前事務所関係者、制作スタッフさん、導いてくださる先輩方、切磋琢磨し合える仲間達に恵まれたのだと思います。
そう・・・これまでの5年はラッキーな5年でした!!
これからの5年は自分自身をプロデュースしていける、クリエイティブな役者になりたいです。
実は、この写真もどのように映るか考え抜きましたが、今の自分の好きな服装、メイク、などを前面に押し出しました。それが、人とは違う「何か」を出せるのではないかと思ったからです。
このような様々な事が、10年後振り返った時に、後悔のない形として世の中に残るのだろうな・・・・・。と思います。(自分プロデュースなので言い訳もできないし!)
10年後は、そのようなことを一つ一つ学んで、深みのある、人間臭い「役者」でありたいです。
Q,このインタビュー記事をご覧になっている方々、そしてファンの皆さんに、ご挨拶をお願いします。
はじめましての方も多いと思います。東條加那子と申します。
フリー期間では本当に様々な方々に支えて頂きました。その感謝を皆様に少しでも還元できるような人間でいられるように努力いたします。
どんなに過酷な状況であっても、言い訳することなく、一つ一つの仕事に全力を発揮する、ハートの中は常に熱いものが燃えたぎっているような役者でいようと思いますので、これからも、どうぞよろしくお願いいたします。
アクセルワンの名に恥じないような、皆様を喜ばせる事のできる役者に成っていきたいとおもいますので、これからも、ご指導ご声援を宜しくお願いいたします。
copyright(C)AXLONE